ホワイトノート

文章書くの大好き!20代保育士が好きなことを書くブログ

雨が多い今だからこそ!保育士が選ぶ6月の梅雨時にオススメの絵本5冊

こんにちは。兎田です。

じっとりとした日が続きますね。

湿度が高くてうんざりしてしまいます。

 

特に子どもがいる方や子どもにかかわるお仕事をされているあなたは、そうかと思うのですが、梅雨時って部屋遊びが多くなって大変なことってありますよね。

保育士をやっていて、保護者の方から「梅雨時は外遊びができなくて困ります」「6月は遊びに行く場所に困りますよね」というお話をよく聞きます。

 

お部屋遊びばかりでうんざりのこの時期だからこそ!絵本を読みませんか?

 

子どもに「座って落ち着いて話を聞く力」をつけたり、言葉を伝えたり、親子でのコミュニケーションに使えたりとメリット盛りだくさんな絵本。

お部屋で過ごすことが多くなるこの梅雨時だからこそ、絵本を読んでみてはいかがでしょうか?

今回は梅雨にぴったりな絵本を5冊紹介したいと思います。

 

 

 

あめ ぽぽぽ 

 

あめ ぽぽぽ

対象年齢:0.1.2歳

大人でもドキッとするようなきれいなイラストが魅力です。 

美しい虹色の雨粒が描かれた絵本。

イラストがとにかく美しく、実際に読み聞かせで保育園で使用した際、子どもたちも惹きこまれるように絵に見入っていました。

鬱陶しい雨が美しく見えるようになるような、すてきな絵本です。

 

ぞうくんのあめふりさんぽ

 

ぞうくんの あめふりさんぽ

対象年齢:3歳~

有名な絵本ぞうくんのさんぽの続編です。

今回はかばくんを誘ったぞうくんは池の中をお散歩することになります。

ほのぼのとしたイラストと「ばっしゃーん!」のときの躍動感あるイラストが子どもに人気がある所以なのでしょう!

お話の流れは前作とほぼ同じですが、子どもたちは大喜びですよ。

 

あめふり

あめふり

対象年齢:0.1.2歳

この絵本の最大の特徴は文字がないところ!

文字がないので、子どもが手に取って絵だけで物語を楽しむことができます。

親子で「これ何してると思う?」という問いかけによってオリジナルの物語をつくることができるのも魅力です。

このかたつむりのイラストもかわいらしいですよね。

ちいさなきいろいかさ

 

ちいさなきいろいかさ

対象年齢:3歳~

かわいらしいイラストで紡がれる優しさいっぱいの絵本です。

有名な絵本わたしのワンピースの画家・西牧茅子さんのイラストが優しいお話をかわいらしく彩ってくれます。

愛情や優しさなど、言葉では伝えにくいものを伝えてくれることが絵本の魅力です。

この絵本はその魅力が最大限に発揮されている素敵な絵本です。

 

ぴっちゃんぽっちゃん

 

ぴっちゃんぽっちゃん 

対象年齢:0.1.2.3歳

かわいらしい猫のイラストとリズムのいい文章が魅力的

表紙のかわいらしいねこの名前は「プチュ」。

この絵本ではプチュと一緒に雨の日のお散歩にでかけます。

「けろけろ ちゅんちゅん にゃーにゃーにゃー」など、リズムのいい言葉がちりばめられており、小さな子どもでも夢中で見ることのできる絵本です。

 

はっぱのおうち

 

はっぱのおうち 

対象年齢:2歳~

楽しくてほっこりする雨宿りのお話。あなたも雨が好きになるかも。

はっぱのおうちで雨宿りをしていると小さな虫のお友達がやってきます。

主人公のさちの優しい表情や文章のあたたかい語り掛けにとにかくほっこりとする絵本です。

子どもたちが大好きな虫もたくさん登場しますよ。

 

 

気になる絵本は見つかりましたでしょうか?

この記事では梅雨時ということで、雨に関する絵本を紹介しましたが、おうちやお部屋で過ごすことが増えるこの季節。

絵本に触れる機会を増やすことは、子どもの言葉や情緒の発達にとてもいいことだと思います。

 

まだまだ他の絵本が見たいというあなたには絵本ナビ というサイトがおススメです。 たくさんの絵本が載っているサイトで、すべての絵本が全ページ無料で試し読みできるので、絵本選びには最適。

一度覗いてみると、運命の絵本と出会えるかもしれませんよ。

 

 

他の記事でも絵本を紹介しているので、リンクを貼っておきますね。

保育士が選ぶオススメ絵本10選①(主に0~3歳児向け)

幼稚園実習・保育実習で死なないために準備しておいた方がいいこと3つ