ホワイトノート

20代女子が好きなことを日々綴っていく場所

既読スルー・未読スルーしてごめん。私がスルーする理由4つ

こんにちは!兎田(うさぎだ)です。

f:id:white-note:20170619005012j:plain

あなたは既読スルー・未読スルーされて落ち込んだり、ムカついたりしたことがありますか?

 

その既読スルー・未読スルーされた方の代わりに私が謝ろうと思います。

ごめんなさい。

 

なんでおまえが謝るのかとお思いかもしれませんが、私が既読スルー・未読スルーの常習犯だからです。

本当に申し訳ないです。

友達にも何度か怒られたことがあります。

 

気を付けてはいるんですが、どうにもスルーしてしまう。

「なんでスルーしちゃうんだよ!」と思われているかもしれませんが、そもそも私の場合はLINEが苦手なんです。

 

便利だということは重々承知していて、仕事でも活用させてもらっているLINE。

そんなLINEがどうして苦手なのか、どうして既読スルー・未読スルーしてしまうのか。

その理由を4つお伝えしていきたいと思います。

 

1 時間を縛られる

LINEで永遠に世間話をすることってありませんか?

「元気~?今なにしてる~?」みたいなLINEが私は死ぬほど苦手です。

 

世間話って会ってお互いの顔を見て話すから楽しいんですよ。

家にいる時間は私の時間です。縛られたくないんです。

なのに、世間話的なLINEだと素早い返事を求められるじゃないですか。

好きなときに返信したいんですよ。余裕があるときにまったりお返事したいんです。

 

こっちはゲームしたりごはん食べてるのに「ねえねえ」とか言われても困ります。

 

2 大事に返信したい

重要な話だとかきちんと対応したいときには、既読をつけていようともちょっと時間をあけてお返事したいことがあります。

 

重要な話や相談なんかに焦ってお返事をすると私の場合は大概いいことがありませんでした。

なので、慎重にお返事したいんですよね。

 

あと、乙女っぽいことを言いますと好きな人とか気になる男性からのLINEだと私の場合は返事が遅くなります。

丁寧出可愛らしいお返事を送りたいじゃないですか。

LINEをもらった喜びを落ち着かせて、冷静になってからお返事をしたいので結果お待たせしてしまうことがあります。

 

3 単純に忘れた

LINEが来ると通知が来るように設定してあるんですが、その通知を見たときは「あ、返信しなくちゃ」と思うわけです。

でも、そのときに家族に呼ばれたり、出先だったりした場合、その場でお返事をせず、後回しにすることがあります。

 

そして、そのまま忘れてしまって、気を付けてLINEのアイコンを見ているわけでもないので、送られてきていたことそのものを忘れてしまい3日経過なんてこともあるわけです。

決して悪気があるわけではないんです……!

 

4 めんどくさかった

正直に言うと、めんどくさかったというただそれだけのひどい理由の場合もあります。

私の場合はグループラインでやってしまうことが多いです。

 

例えば飲み会に行く日にちを決定するとき!

別にいつでもいいときって、他の人の出方を見てから考えます。

特別行きたい飲み会でもない限り、私のために都合を合わせなくちゃみたいな空気になるのもめんどくさいので、あらかた決まるまで黙っていたいです。

 

学生時代はよくあったんですが、スクールカースト上位層の悪ふざけに付き合うのがめんどくさくて既読スルーしたこともあります。

翌日「昨日のLINE見てなかった?」とか言われることもありますが、人数がたくさんいるクラスラインなんかだと既読をつけたことがバレないことがほとんどなので、「見てなかったー」と適当なことを言っていました。

 

思えば学生時代が一番LINEはめんどくさかったです。

ゼミの発表のこととかLINEで決めたくなくないですか?

重要なことは会って話したり決めたりしたいと思うのは、もしかすると私の考え方がちょっと古いのかもしれません。

 

まとめ

以上、私がLINEがどうして苦手なのか、どうして既読スルー・未読スルーしてしまうのかの理由4つでした。

 

基本的にめんどくさがりなのと家ではひとりの時間を大切にしたいからという理由が大きいかと思います。

LINEは便利でありがたいものなんですが、LINEができてからプライベートの時間を削られるようになったように感じています。

 

友達は大事ですが、縛られるのはめんどくさいのです。それがスルーをしてしまう理由なのだと思います。

既読スルー・未読スルーしている人は、スルーされて悲しんだり、怒ったりしているあなたのことが嫌いなわけではないかもしれませんよ。