ホワイトノート

文章書くの大好き!20代保育士が好きなことを書くブログ

文章を書くことが好きなら、まずはクラウドワークスをやってみよう!在宅ワークで忙しくても稼ぐ方法

f:id:white-note:20171115235124j:plain

 

お、お金がない……

 

私が金欠なことに気が付いたのは、ちょうど1か月前。

実家でとある夢を追いかけてフリーターとしてがんばっていた私ですが、職場の諸事情で最近は仕事が減り、収入も減っていました。

 

そんな状態だったのに、今年は宮古島と大阪へ2回も旅行に行ってしまったので、金欠になるのは必至!

年金やら保険やらを払っているうちに私の貯金額は「あれ……?成人している大人としてこの金額は……?」という状況にまで陥っていました。

 

今回はそんな私が始めた在宅ワークについてお話したいと思います。

 

 

真面目に忙しかった

f:id:white-note:20170703000021j:plain

とある夢を追いかけてフリーターなんて格好いい言い方を冒頭ではしましたが、要は転職しようとして失敗したみたいな感じで、自分が希望する場所を受け直すために現在フリーターとしてやっぱり保育士をしながら勉強中の身です。

そのお勉強を割と頑張っているというのと両親も共働きということもあり、実家暮らしとはいえ、家事もこなさなければなりません。

 

そんなわけで真面目に忙しい身な私は、副業として外に働きに出ることは考えられませんでした。

一応、転職活動中の身なわけですから、いつ仕事を辞めなければならないかもわかりませんので、そういう点でも外で働くことは難しいです。

 

というわけで在宅としてのお仕事を考えたとき、私が思い出したのがクラウドワークス というサイトでした。

 

クラウドワークスってなに?

f:id:white-note:20171115223459j:plain

とても簡単に説明すると、クラウドワークスはお仕事マッチングサービスです。

マッチングサービスというと、出会い系サイトだったり、婚活を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、これはお仕事マッチングサービス。

めちゃくちゃ簡単に説明するとクライアントと私たちクラウドワーカーのやりとりはこんな感じです。

 

おいしいケーキの記事を書いてほしいんですけど、誰か100円で1000文字くらい書いてくれますー?

 

はーい!やるやるー!ケーキ好きー!

 

こんなラフなやりとりではありませんが、タスクという形態のお仕事だとこんなもんです。

 

クラウドワークスのお仕事にはタスクとプロジェクトとコンペの3つの形式があります。

2つのお仕事の形式のイメージは

タスク:その場限りのお仕事募集

プロジェクト:長期契約でのお仕事募集

コンペ:作品コンテスト

という感じです。

 

タスクは単価がお安いですが、簡単なお仕事が多いです。

めちゃくちゃ簡単なお仕事だとアンケートに答えるだけで1~3円のお金をもらえるものもあります。

高単価のお仕事もありますが、文章量やクオリティーを求められることも多いです。

タスクのいいところは流れ作業で仕事ができるところ。

多少単価が安くても空いている時間にパパっと数百円儲けるには、いいお仕事です。

 

プロジェクトは契約に審査がある場合もある、わりとしっかりしたお仕事です。

単価は本当にそれぞれですが、最初はみんなそんなもの。

自分ができそうなお仕事で、しっかりと連絡がとれるクライアントさんかどうかを見極めることが一番重要だと思います。

稼ぎたいなら、タスクよりプロジェクト形式のお仕事をする方が効率的かと思います。

 

コンペは文章でのお仕事はほとんどないに等しかったので、あまりチェックしていません。

ロゴや商品名などのアイデアを募集しています。

単価は高いですが、なかなか難しそうなお仕事ですよね。

選ばれなければお金も支払われません。

 

私は一度クラウドワークスに挫折しました

f:id:white-note:20170623024523j:plain

とても正直なお話をすると、私は一度クラウドワークスに挫折しました。

だって1週間がんばって稼いだ金額がたった65円だったんです。

でも、これはタスクで安い仕事ばかり適当にやっていたから。

 

これじゃダメだと契約したプロジェクト契約のお仕事はリテイクの連続。

最初言っていたお話とはどんどん話が違ってくるクライアントに戸惑いましたし、リテイクを受けるたびに文章量が増えていって、「これ、1文字何円なの……?安すぎるやろ」という状態になっていました。

 

このプロジェクトのお仕事でリテイクをされまくったことで、私の軟弱な心はポキッと折れました。

クライアントさんに「自分にはできませんでした。ごめんなさい」と謝罪して契約を打ち切り、すごすごとクラウドワークスから立ち去りました。

 

そんな挫折をしたのが、1年前のこと。

クラウドワークスに戻るのは不安だったのですが、もうこれ以外にすぐに稼げる方法はありません。

友人とランチに行くにはお金がいるのです!

そのために、私はクラウドワークスの世界に舞い戻りました。

 

うまくやれば隙間時間で稼げる

 

f:id:white-note:20170624104242j:plain

さあ、私の2度目のクラウドワークスチャレンジですが、先日ちょうど1か月を迎えました。

 

1か月の間、私は超適当にクラウドワークスに取り組みました。

受けた仕事には真面目に取り組みましたが、毎日やったわけでもないですし、空いた時間にやっていただけです。

例えば、家族がまったく興味のないテレビを見ていて暇だったとき、お風呂に入っているとき、電車での移動中、人を待っている間などなど。

本当に隙間時間でできる作業を行いました。

 

私がこなした仕事はタスクが45件とプロジェクトが2件。

プロジェクトは20記事納品というものが2件でした。

タスクはアンケートなどのごく短時間でできるものも多く含まれています。

 

そんなわけで私の稼いだ金額は……6943円!

 

めっちゃ中途半端な金額でたいへん申し訳ないです。

もっと5万円!とか言えれば「クラウドワークス儲かるやんけー」みたいになれたかと思うんですが、こんなに適当にやっていた私でも1か月で7000円近く稼げるなら儲けもんです。

 

下手なポイントサイトでビンゴをやったりしてお金を貯めるよりはずっと効率的です。(私は経験者ですが、まったくお金貯まりませんでした)

 

クラウドワークス  では月に何十万も稼いでいる方もいらっしゃいます。

1か月やってみた結果、「うまくやればできそう」というイメージです。

 

 

🔗その研究結果の記事がこちら

 

私はプロジェクトを2件しか受けなかったので約7000円止まりでしたが、プロジェクトをいくつも掛け持ちすれば、副業としてやっても2~3万円は問題なく可能なのではないかと思います。

ちなみに私の父のお小遣いは3万円。

サラリーマンのお小遣いくらいの金額を副業で稼ぐことができれば、ハッピーになれる方も多いのではないでしょうか。

 

文章を書くことが好きなら、まったく苦にならない

f:id:white-note:20171116011151j:plain

私がクラウドワークス をオススメする理由は私にとって、クラウドワークスでのお仕事がまったく苦ではなかったからです。

むしろめっちゃ楽しい。

プロジェクトはクライアントとの会話が生まれますので、クライアントの対応が遅かったり悪かったりすると「もうイヤだ」ということもありますが、タスクはそういったやりとりもないのでストレスフリーです。

 

なぜ私がクラウドワークスでのお仕事がまったく苦ではなかったかというと、文章を書くことが好きすぎるからです。

私がブログの前は小説をずっと書いていて、それこそ500近くの小説を書いてきました。(上手い下手は別にしてですよ?)

そんな私なので、文章を書くことには幸せしか感じません。

むしろライフワークなので「これでお金もらっていいの?」というくらいです。

 

クラウドワークスで募集されているお仕事は様々で「好きなアニメを紹介してください」「ドラマの感想を書いてください」「企業ロゴを考えてください」「今度開くお店の名前を考えてください」「スキンケアに関するアンケートに答えてください」などなど。

いろいろなテーマがあるので、書けるテーマのものを選んで好きなように文章を書けばお金がもらえるなんて夢みたいです。

 

私が特に好きなお仕事が「日記を書いてください」というもの。

日記を書いてお金をもらえるんですよ!?

やっぱり人気のテーマみたいで、すぐに募集数が埋まってしまうことが多いので目玉案件です。

好きなように今日起きたことを綴ってお金をもらえるのでホクホクです。

 

文章力をあげたいならクラウドワークスをはじめよう

 

f:id:white-note:20171116011243j:plain

私の場合は文章力をあげたいという気持ちでクラウドワークスをはじめたわけではありませんが、クラウドワークスは文章力向上にも役に立つと思います。

 

クラウドワークスは誰かにお金を払ってもらって納品する文章を書きます。

そんなこと人生であまり経験しませんよね。

好きな文章を綴ればいいのですが、やっぱりお金が発生する以上、読んでくれる人やクライアントを意識します。

そういった文章を書くことができるスキルは必ず活きるはずです。

 

たとえば、私であれば保育士なので毎日の連絡帳や活動記録を書くのが断然早くなります。

ブログを書くときも、画面の向こうのあなたを意識して書くことが自然にできるようになりました。

 

タイピングだって速くなるかもしれません。

文章を打つことがタイピング速度をあげる何よりの近道ですよ!

ちなみに小説とクラウドワークス、ブログで鍛えた私のタイピング速度はこちらです。

簡易タイピングチェッカーというサイトで測定しました。

f:id:white-note:20171116005924j:plain

10000人中944位なら上等なのではないでしょうか。

 

文章力やタイピング速度の上昇が可能で、しかも文章を書くことが好きな人にならハッピーしかない。

そんな在宅ワークで隙間時間でお金を稼げるなら、一度試してみてもいいのではないでしょうか?

私もお試し感覚ではじめて一度は挫折しましたが、今は楽しくクラウドワーカーとしてちょこちょこと活動しています。

クラウドワークスは忙しいけど、隙間時間でお小遣いを稼いでみるかという方にはオススメのサイトです。